オーボエって名前は聞いたことがあるけれど、どんな楽器なの?

オーボエはリードを2枚使う楽器です

リードというのは葦や竹でできている薄い板の事で、これを木管楽器(フルートを除く)の口元にはめ、楽器の中の空気を振動させて音を出します。

このリードを1枚使うのはクラリネットやサクソフォンの種類の楽器で、2枚使うのがファゴットやこのオーボエです。

リードの状態で出す音が変化してしまうので、演奏者はとても神経を使っています。既製品でも微妙に薄さが違うので、自分で吹きやすいように少しやすりで削ったり湿気を与えながら曲げてみたりと工夫し、口元にあったリードの形にしています。

オーボエを吹く人は、最初から葦を使って自分でリードを作っている人が多く見られます。すぐに使えなくなるので、まめに作りおきをしていてその管理に時間を掛けています。

このリードを2枚使うオーボエは、吹く前から手間がかかる楽器といえるでしょう。

オーボエはオーケストラの美味しいところを持っていく

手間も掛かりますが、演奏技術も大変なのがオーボエという楽器です。音が出るまでに時間も掛かり、息のコントロールも難しく、気を抜くととんでもない音が合奏の中で鳴ったりして、恥ずかしい思いもしますが、その魅力は音にあるでしょう。

オーボエは木管楽器特有の柔らかな音色を持ち、しかも高音が出るので、オーケストラの曲やオペラの伴奏もたいていメロディラインで、ソロパートがあります。

オーケストラをバックに、温かみのある素朴な響きで軽やかに奏でるオーボエの演奏は、聴く人に大きな印象を残し、標題音楽であればその情景を思い浮かばせることができます。

オーボエとは、木管楽器の一種であり、ダブルリード(吹口に取り付けられている、音を振動させるもの)を持つ楽器です。外見はリコーダーを大きくした形をしています。吹き込み口がほかの管楽器よりも狭いです。