車検で失敗しない為の豆知識を徹底分析!?

まずは車検の仕組みを知ろう

車検イコール何年かに一回お金のかかるものだと諦めている方は意外と多いかもしれません。そもそも車検とは自動車検査の略で、国が定めた安全基準に達しているかの検査を、数年事に実施しなければいけないというものです。壊れている車が公道を走行していたり、無保険の車が公道を走行していると危険なので、それを未然に防ぐシステムなのです。具体的に車検を受験する為に必要な費用は、自動車重量税と自賠責保険料と車検受験手数料だけなのです。車検費用はかなり高額になりがちですが、実は車検費用に最低限必要なものは前述の3つだけなのです。車検が完了し、車検費用を支払った後にしっかりと費用の内訳を確認している方はご存知かも知れませんが、車検費用が高額になる訳は実は整備費用が原因なのです。

車検の時の整備費用について

車検は受験する車が国の定める安全基準に適合している必要があります。その基準に適合していなければ、整備や調整や修理をしてその基準に適合させる必要があります。もちろんこの時に整備費用や修理費用が必要です。ただ、自動車には走っているだけでも消耗していく部品があります。それはオイルの類やゴムの類です。例えばエンジンオイルやブレーキオイルはこまめに交換する必要がありますし、ブレーキパッドやワイパーゴムも消耗していきます。こういった交換部品を数年に一度の車検の時に全て交換すると、やはり交換の費用だけでもかなり高額になります。一般的な車検費用が高額になるイメージは、こういった交換部品を車検の時に一度に交換する為に生まれているといっても過言ではありません。車検費用は何にいくらかかったのかしっかりとチェックしましょう。

車検の費用は業者によって変わり、それに伴って整備の度合いも変わります。車検を受け付けている業者も「ディーラー」「整備工場」「ガソリンスタンド」など様々あります。