車検費用を少しでも賢く安くするための方法とは?

車検費用の中身を知ろう!

車検費用はどのような構成になっているのだろうか?まずは法定費用です。どこで車検を受けてもこの費用だけは変更できません。次に自賠責保険です。こちらも車を所有するからには必ずかかってくる費用です。残りは、整備費用と車検代行費用です。この2種類が車検を受ける場所で変わってきます。車検費用は、主に法定費用(重量税)と自賠責保険、整備費用、車検代行費用で全体の費用が決まってきます。

どこで車検を受けるのが一番いいのだろうか?

ただ単に費用を安く済ませたいというのであれば、ガソリンスタンドなどがお勧めです。よくキャンペーンなども行っているのでそのようなときに申し込みをして行うことにより整備費用や代行費用が割安に住む可能性があります。次にお勧めが、1日車検です。一緒に車検を受けることに同行する代わりに整備費用や代行費用が安く済ませることができます。いずれも、キャンペーンなどを行っていることがあるのでその期間を狙うのがお勧めです。逆に高いのはディーラーでの車検です。なぜディーラーの車検が高いのかというと自社の車にはしっかりとしたメンテナンスを行うことが当たり前なのでその分の整備費用がどうしても高めになってしまいます。その分安心感を得ることができます。地元の車屋さんの場合は、いろいろな融通が利くので便利ですが、お値段的にはお任せになってしまいます。最後に、どこで受けても部品交換が発生した場合は費用が上がっています。日頃からちょっとしたメンテナンスを行っていると交換をしなくて済むかもしれません。

自動車を所有していると避けては通れない車検ですが、車検の料金が高い場合には本当に必要なもののみの交換をしてくれているのかの確認が必要になります。